ホームAIブレストスパーク





「地方創生カレッジ(内閣府補助事業)」において、TIS株式会社の協力のもと、AIを活用した

先駆的な発想支援ツール「AIブレストスパーク」を利用して地域の成長戦略や課題解決等に

資するアイデア創出に役立てていただくためのコンテンツです。

新たに搭載された「地方創生アタマ」、「地方創生ワード」を是非ご活用ください。



120130195653.png



発想支援クラウドサービス「AIブレストスパーク」とは?

 

 

 AIブレストスパーク」は、 日本の組織が抱える「イノベーション推進 VS 働き方改革」というジレンマの中で、創造性向上と生産性向上を一挙両立するソリューションとして生まれました。

自分のアタマの外に飛び出るためのAIマシン。その機能は、大きく2つです

 

ネットの海を、ヒントの海に変える。

気になるキーワードを入力すると、共起する関連語をネット上から瞬時に収集、今この瞬間の日本で、そのキーワードについて何が語られているかを、真俯瞰から360°フラットに探索し、ワード/フレーズの形で抽出。ヒントとして大量に提供します

自分一人では、人間だけでは、絶対たどりつけない情報や気づきへとお連れします。

 

「意外接着」で、アイデアの種を大量生成する。

アイデアとは、今までの生活になかった新しい価値を、コトバで出現させることです。キーワードを様々なコトバと「意外接着」させ、新たなアイデアや切り口を、瞬時に、人間には絶対出せない物量で提示します。

こつこつゼロから考えるか、AIの大量のヒントの上で考え始めるか。AIの支えがあれば、人間はもっと高く跳べることを実証します。



「地方創生アタマ」 「地方創生ワード」を搭載した

AIブレストスパーク」は、地方創生課題に活躍します。

◇ 過疎化、少子高齢化社会など、社会課題の解決アイデア出しに

◇ 成長戦略、イノベーション戦略など新たな戦略アプローチの探索に

◇ アクション、政策などの新たなテーマやコンセプトやネーミングづくり


※ 本コンテンツでは、AIブレストスパークの機能・メソッドや地方創生の活用事例(アイデアの創出事例)をご紹介していきますが、AIブレストスパークはTIS株式会社が運営するサービスであるため、実際にご利用になる際には、同社のHPにて会員登録が必要になります。2週間の無料体験が可能です。

AIブレストスパーク」 について


TISがこれまでシステムインテグレーションで培ってきたITの業務適用におけるノウハウと、自然言語処理・機械学習などのAI・ロボット関連の技術力、
「博報堂発想支援メソッド」が実装されています。


https://www.ai-b-spark.com/



12013019571.png






機能とメソッド



博報堂支援メソッドとは?

新しい価値を発見したり、従来の延長線上にないような答えにたどりつくために、博報堂クリエイティブの打合せ現場で実践されているコツを抽出したもの。

博報堂のクリエイターが最初に学ぶ発想のABCであり、一生のクリエイティビティの基礎となるノウハウです。

これを、だれもが簡単に再現できるよう設計したのがAIブレストスパーク。

鉄則を基に、5つの機能を備えました。


鉄則:拡散と混沌なくして、跳躍なし

混沌が起きるほど拡散しなければ、新しい答えにはたどり着かない。混沌が起きないということは、従来の発想に留まっている証拠。質の前に量です。限界まで広げて脳内にカオスを創ることが、跳躍への入口です。

人間には絶対できない大量出力で、応援します。


12013019579.png



 メイン画面

120130195717.png


ひらめきマップ

自分では思いつかないコトバの海に飛び込む。 

情報空間全体を360度フラットに俯瞰することは、人間には無理。

AIブレストスパークなら、入力したキーワードに共起する関連語を瞬時に表示し、市場や生活者に関する情報・ヒントを大量に提供できます。

脳内を気になるワードで充満させることが、ひらめきの土台です。

ブレストアイデア

コトバとコトバを、意外接着する。

コトバは全て概念の塊です。キーワードとひらめきマップなどのコトバをランダムに結合することで、新しい概念を無数に生成。予想外の新しい切り口を続々浴びることで思考の枠が揺らされ発想が 飛躍し始めます。意外な結合が生む新しい価値に注目を。


ノート

白紙に採集し、島分けする、俯瞰する。

少しでも気になったコトバやブレストアイデアは、どんどんドラッグして保存する。 思いついたこともテキスト機能で書き留める。全画面表示で、採集したコトバを島分けし俯瞰すると、自分の思わぬ指向・偏りに気づきます。

考える余地=新たな可能性が見えてきます。

他人アタマで考える

こんなとき、〇〇だったらどう考える?

作詞家アタマ、ビジネスアタマ、主婦アタマ...。行き詰った時には、

他人のアタマを借りると、自分の限界を超えることができます。

自分には無い着眼点に立つことで、商品やサービスの隠れたメリットや存在意義を発見できるのです。


連続刺激モード

すべての刺激に、「あるかも!」スタンスで反応する。

ブレストで、煮詰まり沈黙が続くような時に効果的です。

ブレストアイデアのワードを1行ずつ画面いっぱいに連続表示し、発想を刺激します。有能なブレインストーマ―が一人現れた気分。

直感による判断が要請され、右脳的ジャンプを強制触発します。

120130195724.png

 連続刺激モード 画面






地方創生・活用事例


課題:地方創生「連携・交流ひろば」の新名称を考えよう 

AIブレストスパーク」を活用し、新たなネーミングを考えついた実例の手順をご紹介します。


     STEP-1 検索バーに「交流」を入力し、スパーク・ボタンをクリック。

            表示されたブレストアイデアから、気になる“ワード”をピックアップしてノートに収集。


120130195732.png


     STEP-2 さらに「ハモる」をひらめきマップで調べたり、ブレストアイデアで意外接着。



120130195738.png


     STEP-3 新名称の最終候補案を絞り込む。



120130195744.png