ホーム地方創生応援プロジェクト静岡・地域生産性向上プロジェクト

静岡ページ表紙.png

人口減少や産業停滞等、地域における諸課題は複雑性を増しています。こうした諸課題に対応するためには行政主体による従来的なアプローチだけでなく、地域経営を担う様々なアクターが課題意識と方向性を共有し、協働による一体的な課題解決に取り組むことが重要です。

日本生産性本部では企業・行政・各種団体・大学等のアクター協働による地域課題解決と個々の組織の生産性向上を実現する『地域生産性向上プロジェクト』を発足させました。第一弾として静岡県静岡市における「ダイバーシティ・インクルージョン」をテーマに実践し、新たな地域経営のモデルを推進して参ります。
このページではプロジェクトの概要と取り組み内容をご紹介します。


★本プロジェクトの取組が静岡新聞に掲載されました★


 

 

画像1.png

本プロジェクトは地域やテーマを変えながら今後横展開を図っていく予定です。
ご興味・関心をお持ちいただけましたら以下連絡先までご一報いただければ幸いです。

公益財団法人日本生産性本部自治体マネジメントセンター
担当:齋藤・吉田・佐藤
TEL:03-3511-4013
Mail:public@jpc-net.jp

 

 

 

静岡の抱える地域課題


静岡市は慢性的な人口減少が続いており、2065年には生産年齢人口が約半数まで減少することが予測されています(下図1参照)。なかでも若年層の就職や進学を契機とする一方通行型の大都市流出が課題となっており、特に女性の流出が多い点が特徴です。
人口減少が加速するなか、地域経済の活力を維持・向上させるために有効な処方箋の一つが「インクルージョン」の推進です。インクルージョンとは多様な人材が相互に機能し、能力が発揮されている状態を指しており、地域・組織において取り組みを推進することで個々人が尊重され、モチベーションやエンゲージメントが高まる効果が期待されています。(下図2参照)
ただし地域におけるインクルージョンは行政あるいは企業単独での実現が困難であり、地域全体であらゆるアクターの連携・協働による施策推進が必要です。そこで女性を中心とする若年層流出の食い止めが地域の重点課題であり、また地域経済の成長にむけて組織と人の活性化が求められる静岡市ではインクルージョンの必要性が今後一層高まると考え、本プロジェクトの対象地に選定しました。


 

 

【図1:人口推移】

図1(静岡市人口推移).png


国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」を基に

日本生産性本部が作成。2015年を100として3区分で集計

【図2:インクルージョンの概念】

画像インクルージョン.png

 

 

 

 

本取組実施の背景と手法

 

 

本プロジェクトでは各アクターの取組の方向性を整理する「地域目標」とそれを具体化する「各アクターの役割」の設定を重視しており、これらに基づいて個別組織の行動計画策定へと展開して参ります。まずはじめに、「地域目標」と「各アクターの役割」を設定する産官学連携でのワークショップを実施します。(2022年4月22日に実施)
ここでは10年後の静岡がどのようにインクルージョンを推進するのか定量的な観点から議論とアイデア出しを行い、グループごと地域目標を設定し、目標実現にむけた各アクターの役割設定を併せて実施します。
ワークショップ実施後は企業を中心とする組織の行動計画策定を行う定例会を開催します。メンバー間の協働と交流促進による地域におけるナナメの関係を構築し、学習コミュニティとして機能させることを目指します。(22年4月以降定期的に開催予定)

 

 

 

連結画像_2.png

 

 

プロジェクトの展開.png


※行動目標策定は主に企業を対象に検討しています

 

 

 

 

本取組に協力いただく講師

 

 

画像3.png

龍谷大学政策学部

白石 克孝(しらいし かつたか)氏


主な研究分野:持続可能な地域づくり、協働による地域づくり、行政学等。


経歴:名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得、修士(法学)。名古屋大学法学部助手、龍谷大学法学部助教授、同教授を経て、政策学部教授


主な著書:『持続可能な地域実現と協働型ガバナンス-日米英の事例比較を通じて』(共著、日本評論社)、『参加と協働の地域公共政策開発システム』(共著、日本評論社)等

 

 

Kokubo2021a_400400_2.jpg

静岡県立大学経営情報学部

国保 祥子(こくぼ あきこ)氏


主な研究分野:組織マネジメント、組織行動、人材育成等。


経歴:民間企業でのコンサルティング経験を経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修(MBA)、同大学院博士課程修了


主な著書:『働く女子のキャリア格差』(単著、筑摩書房)、『静岡に学ぶ地域イノベーション』(共著、中央経済社)、『人材開発研究大全』(共著、東京大学出版会)等

 

 

 

 

本取組の主な参加者

 

 

【民間企業】
静岡市内に拠点を置く企業及び支店
(サービス業、情報通信業、金融業、保険業 等)

【各種団体】
行政、経済団体、経営者団体、労働組合 等

【大学生】
静岡県立大学経営情報学部 国保祥子ゼミナール所属生

※上記はワークショップの参加組織です。今後状況に応じて拡充して参ります

 

 

 

各回取組の様子はこちらをご覧ください


 

 

初回ワークショップ(地域目標と役割の策定)


 

 

初回としてインクルージョン推進にむけた「地域目標」と「各アクターの役割設定」を行うワークショップを実施しました。

■日 時:2022年4月22日(金)
■会 場:静岡県総合研修所「もくせい会館」
■参加者:企業・行政・団体・大学生等 約30名
■主 催:日本生産性本部
■参加費:無料

■講 師:龍谷大学 白石克孝教授
静岡県立大学 国保祥子准教授

■目 的:アクター協働によるインクルージョン推進にむけた
講義並びに地域目標と各アクターの役割設定

画像1.jpg

 

 


午前中に協働による地域経営とインクルージョン推進の意義や効果に関する講義を白石先生、国保先生それぞれから行い、それらを踏まえて午後に以下3つのワークショップを実施しました。
①活発なアイデア出しから「地域目標」を設定する
②地域目標の実現にむけた各アクターそれぞれの手段を検討する
③検討した手段をベースに各アクターの役割が表される施策を策定する
当日の流れは下イメージ図をご覧ください。


 

 

ワークショップの流れ.png

 

 

 

画像2.jpg


龍谷大学 白石克孝先生

画像3.jpg


静岡県立大学 国保祥子先生

画像4.jpg


グループでのアイデア出しの様子。大学生の皆さんにも進行役を務めて いただきました。

画像5.jpg


ワークショップは国保先生に運営いただき、産官学のあらゆる参加者が 静岡の将来にむけたフラットな議論を行いました。

画像6.jpg


グループで策定した地域目標

 

 

 

各グループが設定した目標並びに白石先生・国保先生の公表は下記の動画からそれぞれご覧いただけます。どのような議論が交わされたか、その様子を垣間見ていただければ幸いです。
また参加者間の交流の場として、グループごと連携交流ひろば「ハモリバ」内にスレッドを設けています。是非合わせてご覧ください。

 





 

 

 

地方創生カレッジ「連携・交流ひろば」にジャンプします